便秘がおならを誘発する3つの原因とは?便秘とおならの改善方法8つ

便秘 おなら

 

便秘になるとお腹が苦しくて、気分が落ちてしまいますよね。

 

それに、便秘の時はおならばかり出ませんか?

 

なぜ便秘になるとおならが出るのでしょうか?

 

そこで、便秘とおならの関係について分かれば悩みを解消できるかもしれませんよ。

 

好きな人といる時に「いつおならが出るのだろうか?」とびくびくするのはもう嫌ですよね?

 

ここでは、便秘になるとおならが増えてしまう3つの原因、そして便秘とおならを改善する8つの方法についてご紹介します。

 

 

1.便秘になるとおならが増えてしまう3つの原因

 

便秘 おなら

 

「お腹が苦しくて便が出そうだと思ってトイレに駆け込んでも、おならばかりが出て全くすっきりしない…。」という便秘の症状は特に女性に多いです。

 

お腹は苦しいし、便秘の時ほど臭いおならが出て最悪ですよね。

 

では、どうして便秘になるとおならが増えるのでしょうか?

 

 

@消化不良で「悪玉菌」が繁殖する

 

便秘 おなら

 

便秘になると腸内環境は最悪な状態になります。

 

便秘によって、腸の中に消化しきれていない物がたくさん溜まっています。

 

また、腸の中には悪玉菌と善玉菌という二つの菌が存在します。

 

スポンサーリンク

 

悪玉菌が善玉菌よりも増えると、便が腸内の中で腐敗していきます

 

腸内ガスをたくさん生み出し、お腹の中はガスだらけになってしまうのです。

 

便秘が長引くと、便の腐敗は進んでいき、より強烈なにおいを放つおならが出てしまいます。

 

便秘を解消しない限りは、悪玉菌が増殖し続け、臭いおならを放ち続けることになってしまいます。

 

 

A腸の「蠕動運動」によっておならだけが出続ける

 

便秘 おなら

 

腸の運動が衰え、便を出す力がなくなった時に便秘は起こります。

 

しかし、腸は溜まって排出されない便を押し出すために、蠕動運動を起こします。

 

通常は蠕動運動によって便が排出されるのですが、便秘で便が詰まってしまっている時は、おならだけが出てしまいます

 

便秘の時は悪玉菌により腸内ガスが増えているので、蠕動運動が起きる度におならが出続けてしまうのです。

 

 

B古い便が出口を塞いでしまう

 

便秘 おなら

 

一気に出てくれたら楽なのに、便秘になると「ブ、ブ、ブ」と少しずつ何度も音を鳴らして出ますよね。

 

一息に「ブー」と出なくなってしまうのは、溜まった便が出口を狭めているからです

 

スポンサーリンク

 

さらに便が詰まった狭い出口を通っていくと、腸の中で腐敗しきった便の臭いがガスにまとわりついて、鼻をつく臭いおならとなってしまいます。

 

便秘になるとおならが増えるのは、便が邪魔をして少しずつしか出せないからです。

 

 

2.人前で臭いおならをしないために!便秘中のおならの回数・においの対策3つ

 

便秘 おなら

 

便秘の時のおならは、悪玉菌が増えて腸内環境がとても悪い状態なので非常に臭いです。

 

便秘でお腹が辛いのに、更に出るおならも臭いとなると気分が下がりますよね。

 

人前で臭いおならを何度も出すはめにならないように、便秘中のおならの回数とにおいを改善する方法3つをやってみましょう!

 

 

@一人の時に「ガス抜きマッサージ」でおならを出す

 

便秘 おなら

 

電車の中で、好きな人の前で、仕事中トイレに中々駆け込めなくて、おならを出せないシチュエーションたくさんありますよね?

 

「いつ出るだろう?」、「今出たら困るな」と外にいる時に心配しなくていいように、溜まっているガスを自力で出してしまいましょう

 

まずは、腸を直接手でマッサージする、ガス抜きマッサージの手順はこちらです。

 

  1. 膝を立てて、仰向けに寝転がる
  2. みぞおちに指3本乗せる
  3. 鼻から吸って、口から吐く
  4. みぞおち、おへそ、恥骨へと「の」の字でマッサージをする

 

腸をマッサージしてあげることで動きが鈍くなっていた腸の活動を促すことができます。

 

すぐに効果があるとは限りませんが、家で時間をかけずにできるので寝る前に5分でもやってみるとガスが出やすくなりますよ。

 

 

Aおならが臭くなりやすい「食べ物」を控える

 

便秘 おなら

 

外でおならをしないようにせっかくトイレに駆け込んでも、入れ替わりに人が入ってきたら「臭いと思われているかも…。」と思い込んでしまいますよね。

 

便秘で増えてしまうおならを無理に止めるのは逆効果です。

 

スポンサーリンク

 

おならが臭くなる食べ物を食べないようにすれば、臭いの心配を抑えることができます

 

おならの臭いを強める食事は…

 

  • 肉類
  • 牛乳
  • にんにく
  • 玉ねぎ
  • 加工食品(インスタント食品)
  • ジャンクフード

 

腸内環境を悪化させやすいこれらの食べ物が、直接臭いの原因にもつながります。

 

肉を全く食べずにたんぱく質をとらないのは栄養面で問題があるので、量を減らすなどして工夫しましょう。

 

加工食品、ジャンクフードなどは便秘中は食べないようにしたいですね。

 

 

Bたんぱく質より「食物繊維」を多く食べる

 

便秘 おなら

 

「焼き芋を食べるとおならが出るから食べたくない。」という女性もいます。

 

きっと芋を食べると「臭いおならが出るのではないか?」と思ってしまうからでしょう。

 

しかし、臭いおならはたんぱく質が分解された時に出るものです。

 

肉や魚などのたんぱく質を食べると、分解される時に鼻につく臭いおならが出るようになってしまいます。

 

しかし芋類、特にサツマイモには食物繊維がたくさん入っています。

 

食物繊維には、腸の運動を促したり、消化を促す力があるので、腸内が活発に動きガスが発生します。

 

芋にはたんぱく質が含まれていないので、おならは臭くなりません。

 

食事をしておならが出るまでは7〜8時間かかります。

 

芋を食べた翌日は人に会わないようにしたほうがいいかもしれませんね。

 

 

3.おならと便秘を改善する8つの方法!

 

便秘 おなら

 

便秘を解消すれば腸内環境が良くなり、悪玉菌が減るのでおならに悩むこともなくなります。

 

では、便秘を改善しておならを減らす方法を8つを見ていきましょう!

 

 

@「ビフィズス菌」で腸内環境を整える!

 

便秘 おなら

 

ビフィズス菌は食事で補うことは難しいですが、ヨーグルトにはビフィズス菌を含んだものが多くあります。

 

ビフィズス菌の効果は…

 

  • 悪玉菌の発生を抑制させる効果
  • 蠕動運動を促す効果

 

があるので、腸の動きが弱まって便秘になっていても、便を押し出す手伝いをしてくれるのです。

 

また、乳酸菌は善玉菌を増やして腸内環境を整えるものです。

 

 

A目覚めに水を一杯飲む!

 

便秘 おなら

 

朝起きてすぐにコップ一杯の水を飲むことで、腸の蠕動運動を促すことができます。

 

朝食を食べる前に腸を動かしてあげることで、一日の腸の働きが変わってきます。

 

冷たいお水でも大丈夫ですが、冷たすぎる水を飲むと下痢を起こしてしまうこともあるので、常温の水を飲むのが一番いいですよ。

 

  • 常温の水を飲む
  • 飲む時は一気に飲む

 

この2つを意識して腸を活性化させましょう!

 

 

B「ヨガのポーズ」で腸を刺激する!

 

便秘 おなら

 

「ヨガ」と聞くと難しく感じるかもしれませんが、簡単なポーズなのですぐにできます。

 

ヨガは場所を選ばず、どこでも実行できるのがいいですね。

 

朝起きた時や、夜寝る前に無理のない範囲でやってみましょう!

 

腸を活性化させるヨガにはいろんなものがありますが、この動画にあるものは家で簡単にできるのでおすすめです。

 

 

 

C食物繊維を多めに食べて便意を促す!

 

便秘 おなら

 

便秘の原因の一つとして、少食などの場合は便となって出るほど腸内に食物が溜まっていないことがあります。

 

だからといって、やみくもにたくさん食べればいいわけではありません。

 

特に食物繊維を多めに摂るようにしてください。

 

食物繊維には、水にとける水溶性食物繊維と、水にとけない不溶性食物繊維の2種類があります。

 

水に溶けないの不溶性食物繊維は、消化されることなく大腸までしっかり届くので便意を促すことができます。

 

便秘になった時は以下のような食物繊維の入った食べ物を多めに食べましょう。

 

  • きくらげ
  • 干しひじき
  • 切り干し大根
  • おから

 

自分で調理するのが手間な場合は、スーパーやコンビニでできているものもあるので一品取り入れてみるだけでも変わりますよ。

 

 

D1日2リットルの水を飲む!

 

便秘 おなら

 

体が水分不足になると、腸の動きが鈍り、腸内の便がカサカサに乾いて硬くなって便秘になりやすいです。

 

人間は60%が水分でできているので、本来最低でも1日2リットルの水分を摂取する必要があります

 

2リットルの水分を毎日とることで、自然とトイレに行く回数も増え、デトックス効果もあります。

 

水をしっかり1日2リットル飲み続けることで、腸内環境が整い、便秘になりにくい体を作ることができます。

 

 

Eストレスを溜めない!

 

便秘 おなら

 

ストレスと便秘と何が関係あるのか?と思うかもしれませんね。

 

人はストレスを感じている時、奥歯をかみしめる癖があります。

 

奥歯をかみしめていると、空気を体内に飲み込みやすくなり、たまった空気が腸内でガスとして溜まってお腹が張ってしまいます。

 

ですから、ストレスを解消することが便秘解消にもつながるのです

 

現代社会では、常にストレスにさらされています。

 

そこで、ストレス解消に以下のようなことがおすすめです。

 

例えば…

 

  • 大声を出す
  • 思いっきり体を動かす
  • カラオケで発散する
  • 友達とおしゃべり
  • プチプチ(エアキャップ)をつぶす
  • 森林浴に行く

 

…など、意識的にストレスを解消する時間を作ってくださいね!

 

 

F運動を習慣にして腸を活性化する!

 

便秘 おなら

 

実は運動不足になると、腸の動きも悪くなってしまいます

 

無意識ですが、排便をする時は腹筋をとても使っています。

 

運動不足になると腹筋が弱まってしまうので、腹筋を使って便意を促すことができなくなってしまいます。

 

デスクワークなど、座りっぱなしの時間が多いと腹筋を使わなくなってしまいます

 

スポーツをするのは難しければ、こちらのように簡単な運動がおすすめです。

 

  • ストレッチをする
  • ウォーキング
  • 散歩

 

少しでも運動する時間を作って腹筋の衰えを防ぎましょう!

 

 

G無理な「ダイエット」をしない!

 

便秘 おなら

 

「ダイエットをしたら、突然便秘になった!」というケースが少なくありません。

 

食事制限で便秘になってしまう要因は以下の通りです。

 

  • 便のかさが減り、便意が起こらない
  • 食事からの水分が減る
  • 腸の動きが鈍くなる
  • 食物繊維の摂取量が減ってしまう

 

便秘にならずに健康的にダイエットをするために大事なことは…

 

  • 激しい食事制限をしない
  • 食物繊維はしっかりとる
  • 運動をする
  • 朝食だけはしっかり食べる

 

上記のことを守ればダイエット中でも便秘になりにくいでしょう。

 

 

まとめ

 

便秘とおならが密接に関係していることはおわかりいただけましたか?

 

便秘もおならも腸内環境が悪くなると引き起こされてしまいます。

 

今回ご紹介した「便秘対策」を少しずつ試して、腸内に便やガスを溜めない腸美人を目指していきましょう!