おならが止まらない7つの原因とは?おならの回数を減らす対処法5つ

おなら 止まらない

 

家で一人のときならいいのですが、外にいるときにおならを出したくないですよね?

 

「今、出たらダメ!」と思うほどに、おならは止められないものです。

 

人前でおならが出るのを気にする生活とおさらばしたくありませんか?

 

おならが止まらない原因と対処法さえわかれば、おならに苦しむこともなくなりますよ!

 

ここでは、おならが止まらなくなる7つの原因と対処法についてご紹介します。

 

 

1.おならが続くのはなぜ?おならが止まらない7つの原因

 

おなら 止まらない

 

腸内環境が正常であれば、おならは1日に多くても10回未満ぐらいでしょう。

 

それが20回以上であったり、1時間の中で何度も出る場合は、腸内環境のバランスが崩れていたり、ガスがたまりやすくなっています

 

では、おならが止まらなくなる7つの原因について見ていきましょう。

 

 

@「ストレス」が原因で空気を飲み込み過ぎている

 

おなら 止まらない

 

ストレスがたまると、自律神経のバランスを崩してしまいます。

 

実は自律神経は腸に影響を及ぼしやすく、自律神経が乱れると腸内もバランスを崩してしまいます。

 

また、ストレスがたまると無意識に奥歯を噛みしめる回数が増え、空気を飲み込むやすくなります

 

そして腸内に空気が溜まってガスとなってお腹が張ってしまいます。

 

それを排出するために、おならの回数が増えてしまうのです。

 

 

A「早食い」で消化不良を起こしている

 

おなら 止まらない

 

忙しい現代人は食べる時間がもったいないとばかりに、かきこむように食べることが多いですよね。

 

早く食べると、よく噛まずに食べていることになるので消化不良を起こしやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

消化不良を起こすと下痢にもなりますが、同時にガスとしても出やすくなってしまいます。

 

また、早食いをすると食べ物に含まれている空気をそのまま飲み込んでしまうことになり、おならの原因になります。

 

 

B「お酒の多量摂取」で腸が炎症を起こしている

 

おなら 止まらない

 

アルコール自体は腸には影響を及ぼしませんが、大量に飲むと胃腸が炎症を起こしてしまいます

 

アルコールを多量に摂取すると腸を傷つけけてしまうので、一緒に食べた物が消化しきれず、おならが増えることになってしまいます。

 

また、お酒には炭酸が含まれていることが多いので、炭酸ガスが腸内に溜まり、おならとなって排出されることもあります。

 

 

C「消化不良」でガスが溜まっている

 

おなら 止まらない

 

「寝る前3時間は食事をとらないようにしましょう」と聞いたことがありませんか?

 

就寝3時間以内に食事をとると太りやすくなるという意味で言われています。

 

太りやすくなるのは、消化しきれずに腸の中に食べ物をため込んだまま眠ってしまうからです。

 

寝ている間は消化活動が止まってしまいますので、翌朝起きた時にお腹が張った感じがします。

 

消化不良の食べ物を腸内にため込んだ状態でいるため、消化しきれない物がお腹の中に溜まっておならの元となってしまうのです。

 

 

D「睡眠不足」で胃腸が疲れている

 

おなら 止まらない

 

人は眠っている間に臓器を回復させています。

 

睡眠不足だと疲れやすくなったり、頭が冴えないのと同じように腸も疲れてしまいます。

 

腸が疲れた状態が続くと、いつも通りに食事をしていても消化不良をおこしやすくなってしまいます

 

更に腸内環境のバランスも崩しやすくなってしまい、おならが増えてしまうのです。

 

 

E「食生活の乱れ」で腸が疲れている

 

おなら 止まらない

 

食べる回数がバラバラだったり、脂っこいものばかりを食べていると腸が疲れやすくなってしまいます。

 

特に脂物の食べ過ぎは胃もれを起こすように、消化不良を起こしやすくなります。

 

 

F「運動不足」で腸が衰えている

 

おなら 止まらない

 

運動不足とおならがどう関係あるのか?と首をかしげたくなりますよね。

 

スポンサーリンク

 

実は運動不足になると、腸も運動不足になってしまうのです

 

普段から座りっぱなしだったり、あまり運動をしない人は、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)の動きも悪くなってしまい慢性的に消化不良を起こしやすくなってしまいます。

 

 

2.おならの回数は減らせる?おならが止まらないときの対処法5つ

 

おなら 止まらない

 

腸を元気にすれば、腸内環境も整いやすくなるのでガスが出にくい体を作ることができます

 

どうすれば腸内環境が良くなって、腸を元気にすることができるのでしょうか?

 

早速、おならが止まらないときの対処法5つを説明していきます!

 

 

@食生活を改善しよう!

 

おなら 止まらない

 

忙しい日々では、ついつい食生活をおろそかにしてしまいがちになりますよね。

 

しかし、少し意識するだけで食生活を改善することができます。

 

例えば…

 

  • 脂っこい食事が続く時は、お腹に優しい物を食べる
  • 一日三食食べる
  • 栄養の偏った食事をしない
  • 肉中心になる時はサラダを取り入れる
  • 加工食品ばかり食べない
  • お菓子はできるだけ手作りのものを食べる

 

これらを意識して、食生活を整えていけば腸への負担を減らすことができますし、おならの回数も減らせるでしょう

 

胃もたれや消化不良を起こしにくい体にして、腸内環境を整えましょう!

 

 

A「睡眠の質」を高めて腸を元気にしよう!

 

おなら 止まらない

 

腸自体が疲れてしまっていては、腸内環境を整えようとしても上手く働いてくれません。

 

体の疲れを取るのと同じように、疲労をため込まずにしっかりと休むことで腸を元気にできます

 

しかし、ただ長い時間眠るだけでは元気にはなりません。

 

睡眠は量よりも質が大切です。

 

深い眠りにつかなければ、体力も腸も回復しません。

 

睡眠の質を高めるには…

 

  • 寝る前はカフェインをとらない
  • 寝る3時間前は食事をとらない
  • 寝る前はスマホをいじらない
  • テレビをつけたまま眠らない

 

環境を整えて質の高い睡眠が得られれば、腸を元気にしておならも減るでしょう

 

 

B「適度な運動」で腸を活性化しよう!

 

おなら 止まらない

 

ウォーキング、ランニング、ストレッチなどの簡単な運動をするだけでも、腸を活性化させ、ガスが溜まりにくい体にすることができます。

 

電車での移動などであまり運動する機会や時間がない人も多いですよね?

 

家で時間がなくてもすぐにできるように、最近では腸を活性化させるヨガもあります。

 

I

 

寝る前にストレッチをしたり、ヨガをするだけでも、毎日続けることで腸内環境を大きく変えることができますよ!

 

 

Cよく噛んで食べて消化を良くしよう!

 

おなら 止まらない

 

一つ一つをよく噛んで食べるようにすると、ゆっくり食べることができるので消化不良を起こしにくくします

 

また、よく噛んで食べると他にもメリットがあります。

 

  • ストレス解消になる
  • 空気を飲み込みを防ぐ
  • 食べ過ぎを抑えられる

 

よく噛むだけで、消化不良を防ぐことができるのですが、実際どれくらい噛めばいいのかわからないですよね?

 

100回とは言いませんが、今が10回くらいしか噛んでいなくてすぐに飲み込んでしまっているのなら、まずは倍の20回噛むようにしましょう

 

20回噛むのが当たり前になったら、次は30回噛むようにするなどして、無理のない範囲で少しずつ噛む回数を増やして習慣にしていければ腸の負担を減らすことはできます

 

 

D座りっぱなしの人は時々体を動かそう!

 

おなら 止まらない

 

実は座っている時間が長いと、腸の筋肉が衰えていくので腸に負担をかけることになってしまいます。

 

姿勢が悪いと、腸だけでなく他の臓器も衰えやすくなるので消化の悪い体になってしまうのです。

 

また、座りっぱなしの仕事をしているのなら以下のことを意識して、数時間に一度立って伸びやストレッチをするだけでも腸への負担を減らすことができますよ。

 

  • 一時間に一回立つようにする
  • 前かがみや猫背で腸を圧迫しない
  • ストレッチ、伸びをするようにする

 

これらを取り入れるだけでも腸への負担を減らしておならが出にくい体を作ります。

 

 

まとめ

 

おならが止まらない原因は、普段の生活習慣が大きく関わっていることがおわかりいただけましたか?

 

日々のちょっとした習慣を意識して改善するだけでも、おならの回数を減らすことができます

 

今日から一つだけでも意識して、おならが気にならない生活を取り戻しましょう!