お腹にガスがたまるのはなぜ?原因や対処法・予防策まとめ!

ガス たまる

 

お腹にガスがたまると、憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

 

時には痛みを伴うことも少なくないです。

 

では、お腹にガスがたまる原因はいったいどのようなものがあるのでしょうか?

 

今回はお腹にガスがたまる原因や対処法、予防法をまとめてご紹介させていただきます!

 

 

1.お腹にガスがたまることで起こる悩み

 

ガス たまる

 

お腹にガスがたまると、様々な悩みが出てきます。

 

まずはみんながどんな悩みを抱えているのか見ていきましょう。

 

 

@ストレスがたまる

 

ガス たまる

 

お腹にガスがたまると、それだけでストレスになってしまいます。

 

普段はないような不快感に襲われ、しかも瞬間的に治るものでもありません。

 

スポンサーリンク

 

我慢をすればするほど症状は重たくなっていってしまい、気持ち的にも体力的にも落ち込んでしまうのです。

 

 

Aおならの悩みが増える

 

ガス たまる

 

また、おならが出そうで出ない、出たとしてもにおいが気になってしまいます。

 

そのせいでせっかく出そうでも余計におならを我慢してしまい、より不快感は増していきます。

 

トイレに駆け込むことができれば良いのですが、仕事中だとそうもいかないので、悩む人が多いのです。

 

 

Bお腹がポッコリして衣服がきつい

 

ガス たまる

 

お腹にガスがたまることによって腹部が膨張し、見た目にもお腹がポッコリしてきてしまいます。

 

普段はいているスカートやズボンのチャックがきつくなったり、ワンピースなどを着た時にお腹が目立つなど、毎日のファッションにも影響が出てきてしまうのです。

 

 

2.お腹にガスがたまる原因とは?

 

ガス たまる

 

お腹にガスがたまる原因は、大きく分けて4つあります。

 

一つずつ詳しく見ていきましょう!

 

 

@緊張やストレスを抱えている

 

ガス たまる

 

ストレスや緊張を抱える場面にいると、つい空気を飲み込みやすくなってしまいます。

 

口の中が乾燥するために唾液を飲み込むとき一緒に微量ながら空気も入っており、この空気がお腹の中でガスとなり、腹部膨張感の原因になっているのです。

 

 

A腸内環境が悪くなっている

 

ガス たまる

 

腸内環境が悪くなると、悪玉菌が増殖します。

 

この悪玉菌のエサとなるものも増えていき、自然と気が付かないうちにガスがたまっていってしまうのです。

 

さらに、ストレスを抱えることによって副交感神経、いわゆる自律神経の働きが乱れがちになり、腸内環境が悪化し悪玉菌が増えることも要因の一つとされています。

 

 

B長時間座ることが多い

 

ガス たまる

 

長時間同じ体制で座っていることが多いと、腸を圧迫してしまいます。

 

腸を圧迫することで動きが鈍くなり、ガスが排出されずにたまっていってしまうのです。

 

また、お腹周りを締め付けるような服装をするのも、蝶の動きを鈍くする原因になっています。

 

 

Cおならを我慢してしまっている

 

ガス たまる

 

デート中や仕事中にもおならが出そうになってしまうことありますよね。

 

しかし、においや音が恥ずかしいと気にするがゆえに、おならを我慢してしまう人は少なくないのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

おならを我慢することでどんどん体内にガスがたまっていき、腸の働きが鈍くなってしまいます。

 

家に帰って出そうとしても腸がうまく働いていないのでおならが出にくい状態になり、ガスだまりの原因となるのです。

 

 

3.病気の可能性はある?

 

ガス たまる

 

お腹にガスがたまって苦しい状態が続く場合、病気の可能性も考えられます。

 

  • 胃炎
  • 過敏性腸症候群
  • 腸閉塞
  • 大腸がん
  • 卵巣嚢腫
  • 子宮筋腫
  • 虫垂炎

 

これらの病気の可能性がありますので、対処法を試しても治らず続く場合は、病院を早めに受診するようにしてくださいね。

 

 

4.お腹にガスがたまった時の対処法

 

ガス たまる

 

お腹にガスがたまる原因が分かったところで、続いてガスがたまってしまった時の対処法をご紹介いたします。

 

辛い張りや鈍い痛みを解消するために、下腹部を意識して実践してみるとより高い効果を得ることができますので参考にしてみてくださいね!

 

 

@ヨガをする

 

ガス たまる

 

ヨガのポーズは様々ですが、その中でも腸の働きをよくするものをご紹介します。

 

一つ目は猫のポーズです。

 

ガス たまる

ガス たまる

  • 四つん這いになる
  • 腕をグーッと前に出し、胸と顎を床につけ背筋を伸ばす
  • ゆっくり五回深呼吸をする
  • 息を吐きながら元に戻る
  • かかととお尻、床とおでこがついた状態にする
  • 五回繰り返す

 

次にガス抜きの基本ポーズを紹介します。

 

ガス たまる

 

  • 仰向けになり、膝を立てて足の裏が床についた状態にする
  • 両ひざを胸の方に近付けて腕で抱える
  • 息を吸ってお腹を膨らませる
  • 息を吐きながら太ももをお腹側に抱き寄せる
  • お腹が圧迫された状態のまま五回呼吸をする
  • ゆっくり元に戻す

片方の足ずつ行うのも、体が少しねじれるのでより効果的です。

 

簡単なので、毎朝・毎晩の習慣にするのも良いかもしれませんね!

 

 

A漢方薬を服用する

 

ガス たまる

 

お腹にたまるガスは、漢方が最も得意とする症状の一つです。

 

我慢せず、漢方の力を頼ることもガスがたまった時の対処法として非常に有効なのです。

 

  • 下痢気味の人…桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)
  • 便秘気味の人…桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)
  • 腸がモコモコ動く人…大建中湯(ダイケンチュウトウ)

自分の症状に合った漢方薬を見つけて試してみましょう。

 

 

Bマッサージをする

 

ガス たまる

 

腸の形に合わせて、意識をしながらマッサージすることで腸の働きが活発になり、ガスが抜けることがあります。

 

漢方やヨガと併用して行うのも効果的ですよ!

 

やり方としては、おへそを中心として“のの字”を書いていきます。

 

このときに両横・上下・斜め上下をグッと押してあげると、さらに効果を発揮しますよ!

 

スポンサーリンク

 

これを五回繰り返したのち、次はさらにもう一回り大きくのの字を書いていきましょう。

 

ガス抜きマッサージとして有名ですが、便秘にも効果があるので試してみてくださいね!

 

 

5.お腹にガスがたまるのを予防しよう!

 

ガス たまる

 

ガスがたまってしまった時の対処法ももちろん大切ですが、まずはためないように予防することが一番です。

 

普段の生活を気を付けているだけでも回避できることがありますので、しょっちゅうガスがたまるという人は意識して予防していきましょう。

 

 

@ゆっくり食事をする

 

ガス たまる

 

まず大切なのが、“よく噛むこと”です。

 

時間がないからと言ってつい早食いをしてしまう人が増えていますが、空気を飲み込みやすくなってしまいます。

 

よく噛むことで飲み込む空気の量が減り、さらにダイエット効果もあるので一石二鳥!

 

一口30回を目安に噛むことを意識してみましょう。

 

また、飲み物を飲むときもがぶ飲みはせず、ゆっくり飲むようにしてくださいね。

 

 

A善玉菌を増やす食べ物を摂取する

 

ガス たまる

 

腸内環境が悪化してガスがたまるのであれば、腸内環境を良くすればいいだけです。

 

腸の中には悪玉菌と善玉菌、そして日和見菌という3種類の菌がいます。

 

日和見菌は、強い方に味方する習性がありますので、悪玉菌が増えている場合は日和見菌も悪玉菌と同様の働きをしてしまいます。

 

善玉菌を増やしていけば日和見菌も善玉菌と同調してくれますので、やはり善玉菌を増やすことを最優先に考えるのが得策と言えるのです。

 

善玉菌を増やすには、乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌を摂取する必要があります。

 

キムチや納豆、ヨーグルト、味噌、玉ねぎ、ゴボウなどを毎日の食事に摂りいれていきましょう。

 

また、乳酸菌を生きて腸まで届けるサプリなどもありますので、食事での摂取が難しい場合はサプリで補うのもおすすめですよ!

 

 

Bストレスをためないようにする

 

ガス たまる

 

ストレスは腸の働きを悪くしてしまいます。

 

出来るだけストレスをためない生活が送れたらいいのですが、そうもいきませんよね。

 

なので、少しでもストレスを減らすためにリフレッシュする時間を設けるようにしましょう。

 

よく眠ることもストレス解消に繋がります。

 

早寝早起きをして、朝ゆっくり便を出す時間を作るなど、自分のライフスタイルを工夫していくことが大切です。

 

 

C適度に運動をする

 

ガス たまる

 

身体を動かすことは、血行を良くすることにもつながります。

 

血行が良くなると体が温まり、腸の動きを正常化させてくれるという効果があります。

 

普段運動不足な人は、一日10分腹筋をするだけでも効果がありますのでぜひ試してみてくださいね!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

お腹にガスがたまるのは、様々な原因があることが分かりました。

 

しっか意識して予防をして、ガスだまりに悩まされない快適な生活を送ってくださいね!